お菓子やパンをイベントやネット・フリマで販売するには

女性の起業の基礎知識

テレビを見ていたら、女友達から「これ美味しい!」「売ったら?」と言われてネットショップでアップルパイを売る、というCMが流れていました。

 

このように、お菓子づくりやパン作りが得意で、ネットショップや店舗、マルシェイベント、フリーマーケット(フリマ)などで売ってみたい!と思う方も多いですよね。

でも、お菓子やパンなどの手作りの食品を販売するためには許可や資格が必要となります。

今回は、お菓子やパンをイベントやネットショップで売りたい時に必要な条件などをお伝えします。

 

スポンサーリンク

お菓子やパンの販売条件① 菓子製造業の営業許可

お菓子やパンを作って販売したい場合は、食品衛生法に基づく菓子製造業の営業許可が必要になります。ケーキやキャンディ、焼き菓子、そしてパンを作って売りたい場合が該当します。

焼きいもや、ドライフルーツ、ジャムなどの農産物の加工品は該当しません。(※自治体によっては許可が必要な場合もあります)

また、パンであってもサンドイッチや総菜パンなどを販売したい場合は飲食店営業許可証が必要になります。 

また、店舗でケーキと一緒にイートインできるカフェを併設したいなどの場合も飲食店営業許可証が必要です。

さらに、スイーツでも「アイスクリーム」はまた別の許可が必要となるので注意が必要です。

菓子製造業の営業許可を取るにあたって、一番のハードルは「営業施設」の基準をクリアすることです。

まず、ご自宅のキッチンなどはNGです。

販売用のお菓子・パンを作る場所は、お家のキッチンとは別の専用の場所を設ける必要があります。

構造や排気、明るさなど決められた基準をクリアしていないといけないので、お店を作りたい場合は、事前に図面を保健所に確認することが必要です。

菓子製造業の営業許可を取りたいと思ったら、まずは最寄りの保健所に相談してみましょう。

▼最寄りの保健所はこちらから確認できます
>>厚生労働省 保健所管轄区域案内

 

お菓子やパンの販売条件② 食品衛生責任者を設置する

お菓子やパンを販売するには、食品衛生責任者の資格取得が必要になります。

この資格は①の菓子製造業の営業許可の条件にもなり、食品衛生責任者の資格は食品衛生責任者養成講習会を受講、修了することで取得できます。

講習会は各自治体の食品衛生協会が定期的に主催して、資格は全都道府県で通用しますので、旦那さんの転勤などで引っ越しても、再度受講の必要はありません。

講習の受講料は1万円前後で、講習は1日で終了します。

全国の食品衛生協会の一覧、連絡先はこちらから確認できます

なお食品衛生責任者は、調理師や栄養士、製菓衛生師といった資格をお持ちの方は免除されます。

 

お菓子やパンの販売条件③ 個包装と食品表示

お菓子やパンをマルシェやフリマ、ネット販売する場合は、個別に包装してそれぞれに決められた表示をしなければなりません。

義務付けられている表示は以下の6項目です。

  • 名称
  • 原材料名
    - 食品添加物以外の原材料
    - 食品添加物
    - アレルギー物質
    - 遺伝子組換え食品である旨
  • 内容量
  • 消費期限又は賞味期限
  • 保存方法
  • 製造者

表示には文字のサイズや誤解を与えるような表示の禁止など決まりがあります。

表示は「JAS法」と「食品衛生法 」で定められていて、それぞれ違反すると、氏名の公表や罰金などの罰則があります。

 

無許可で販売したらどうなるの?

お菓子作りが得意で、お友達から「売ってみたら?」と言われてその気になって無許可で販売したらどうなるのでしょうか?

菓子製造業の営業許可を受けないで営業を行った場合、2年以下の懲役または200万円以下の罰金 と定められています。

これは、店舗を設けずにネットやフリマ、イベントでの販売であっても適用されます。

食品は人の口に入るモノですから絶対に安全でなければなりません。ですから、無許可で販売した場合は厳しい罰則が科せられるのです。

友達から言われたから…と気軽にネットのフリマで販売などはしないように注意してくださいね。

  

参考までに他の方法をご紹介

本格的にお菓子屋さんやパン屋さんを目指す方とは別に、フリマやネットでちょっとだけ売りたい方にとって、別の専用キッチンを設けるのはハードルが高いですよね。

そんな場合、別の方法でやりたいことを叶えることができるかもしれません。

レンタルキッチンを使用する

最近、菓子製造業の営業許可を取得しているレンタルキッチンが増えてきています。
こうした場所を使用すれば作ったお菓子を販売することが可能です。

ただし、 食品衛生責任者の資格を取得して食品衛生の知識を身に着けて、個別包装と表示義務は守りましょう。

※本来キッチン毎に食品衛生責任者が既にいますが、利用者にも資格取得を条件としていることがほとんどです。

 

作り方を教えて「お教室の先生」になる

営業許可が無いと「作ったモノを販売する」ことはできませんが「作る技術を教える」ことはできます。

お菓子作り教室やパン教室の開業はご自宅のキッチンでも可能です。

お教室を開講して先生になるという方法で、大好きなお菓子作り、パン作りで起業することができるのです。

 

まとめ

CMではお菓子作りが得意な女性が友達に言われた「お店出したら?」という言葉をきっかけに、ネットショップをオープンさせていましたが、実際にはお菓子やパンをネットショップで販売するのはそう簡単ではありません。

でも、販売してお金を得ようと思ったら、その商品に対して責任も発生します。ましてや食品となればなおさらです。

きちんと資格を取って認可を得て、定められたルールを守って安全・安心なものを提供することは当然のことだと考えましょう。

▼こちらの記事も参考までにどうぞ。

 

 ▼販売する条件が整ったらぜひチャレンジしてみましょう

タイトルとURLをコピーしました