「私なんて」は禁物!周囲から応援されない人の3つの特徴

女性の起業の基礎知識
この記事は約4分で読めます。

起業する女性のサポートを始めて8年くらいが経ちますが、たくさんの起業を目指す女性にお会いし、アドバイスをしたり相談にのったりしてきました。

技術や経験、スキルがあって、本人のやる気も溢れているような場合、こちらも気にかけて色々とアドバイスをしたり、人などを紹介したりと積極的にサポートをします。

その一方で、「起業したい」と口では言うものの、あまりやる気(本気)が見えなくて、こちらからのアドバイスに対しても反応が悪いような場合は、どうしても関与が薄くなってしまいがちです。

当然のことながら、周囲から応援されやすい人は、自分の努力はもちろん、周囲からの協力などを得ながら起業して事業を成長させていきますが、応援されない人は起業までに時間がかかったり、起業してからも芽が出るまでに時間が掛かります。

以前に応援されやすいタイプの女性について記事にしましたが、今回は応援されにくいタイプについてその特徴を3つにまとめてみましたので、自身で当てはまらないか振り返ってみてくださいね。

その1:自信が無さすぎる・後ろ向きのひと

「こういう風に進めるよ良いよ」とか「こんなことにチャレンジしてみて」とアドバイスをした時にはい!頑張ってみます!と前向きに返事を返してくれると、こちらもつい「頑張ってね!」と応援したくなるものです。

しかし、「私にはきっと無理」とか「できる自信がありません…」といった後ろ向きの返事が返ってくることがたまにあります。

こちらとしては、相手に合わせて実行可能性がありそうなアドバイスをしているのに、「無理」とか「出来ない」といった返事だと「そんな風に言うなら、やらなくて良いよ」・・・とまでは言いませんが、応援する気持ちが薄れてしまいます。

自分で事業を立ち上げて起業をしようと思うのであれば、それなりの努力や頑張りが必要になりますし、これまでとは違う行動をしなければなりません。

未知の行動には不安もつきものですが、行動してみなければ結果は得られませんから、自信が無くてもチャレンジして欲しいものです。

「私なんて…」と遠慮していたりむやみに卑下するのもNG。
周囲から応援されて協力を得たいのであれば、前向きにプラスの気持ちで取り組んでいきましょう。

その2:行動しないひと

「これをやったら必ず成功する」という起業の成功方はありません。
あったら、誰もがそれをやって成功しているはずです。

成功に至るまでのやり方は人それぞれですし、成功するまでにかかる時間も人それぞれです。
でも、唯一共通しているのは、行動しないと結果もついてこないということです。

「起業したい」と言いながらも行動に移さない人は、いつまで経っても起業できません。
そして「起業して成功したい」と言いながらも、アドバイスされたことを「忙しいから」とか「他にやることがたくさんあって」などと言い訳をしてやらない人も成功しません。

成功の裏側には圧倒的な努力や行動が必ずあるものです。
しかし、裏側を見ずに成功という表側の結果だけを見て、羨ましがっている人がたまにいます。

失敗したとしても行動した人には何かしら得るものがありますし、手を差し伸べてくれる人も出て来るでしょうが、何も行動しない人には、誰からも応援は得られません。

行動すれば、それを誰かしらが見ていて、いつか応援してもらえるようになります。

その3:外に向けて発信しないひと

あなたが何をしているのか、何を目指しているのか、どうなりたいのか、といったことは、自らが発信しないと周囲に伝わりません。

「こういう事業で起業したいと思っている」
「起業のためにこんなことをしている」
「いま、起業の準備でこんな事に困っている」

といったことは積極的に周囲に伝えていくことで、協力してくれる人や応援してくれる人が集まってくるものです。

「言わなくても分かって欲しい」なんてのは無理なお願いです。
自分から積極的に発信をして、周囲に理解をしてもらうことに努力を惜しまないようにしましょう。

起業して周囲に応援されたいなら、前向き・行動・発信を!

起業したら自分自身の頑張り・努力が一番重要ですが、周囲の助けや協力も不可欠になります。

取引先やお客様を紹介してくれるなど、売上に直結する部分もありますし、経営に関する知識やノウハウを教えてくれたり、精神的な支えになってくれたりすることもあるでしょう。

起業した人の多くが、そうした周りの人の協力・助言・サポートを得ながら事業を成長させていきますが、応援されやすい人とそうでない人とでは、成長のスピードが大きく異なってきます。

自信が無さすぎで・後ろ向きなひと
行動しないひと
外に向けて発信しないひと

というタイプは、周囲からのせっかくの応援を失ってしまいがちです。
起業して早く軌道に乗せたいのであれば、ぜひ自分の行動を見直してみてください。

タイトルとURLをコピーしました