女性が起業の悩みを相談したい時のコンサルタントの選び方

女性の起業の基礎知識

起業する前や起業したばかりの時期は、分からないことがたくさんありますよね。

手探りでやみくもに取り組んでも失敗が多くて効率が悪いですし、ネットで情報収集しようと思っても、情報が溢れていて自分にぴったり合う方法は見つかりずらかったり・・・。

そんな時には「コンサルタント」と呼ばれる専門家に相談してみるのも一つの解決方法です。

そこで今回は起業の悩みを相談したい時のコンサルタントの選び方についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

コンサルタント選びのキホン

コンサルタントと言っても、経営コンサルタントもいれば、起業のコンサルタント、プロモーションのコンサルタント、ブランディングのコンサルタント・・・と幅広く存在します。

最近はインスタやFacebookなどの特定にSNSに特化したプロモーションのコンサルタントや、コーチングに近いコンサルタントもいるので、どの人を選んだら良いか迷ってしまいますよね。

コンサルタント選びのポイントは「あなたの悩み・課題・目標に合った人を選ぶ」ということです。

「そんなの当たり前じゃん」と思うかもしれませんが、意外とこれが出来ない人が多いのです。

 

例えばこのような例。

Aさんは自宅でお料理教室を開催していて、ブログで集客をしています。

ブログをほぼ毎日書いていますが、なかなかアクセスも増えず、集客に繋がっていません。

そこで、ブログの書き方を教わるために、アクセスアップの実績がある『ブログコンサルタント』に相談することにしました。

これはビジネス上の問題点や課題を近視眼的に捉えてしまった場合の失敗例です。

ブログコンサルタントの指導を受けることで、ブログを読んでくれる人が増えるかもしれませんが、あなたのお料理教室に通ってくれる人は増えずに根本的な問題解決につながらない可能性があります。

Aさんのビジネスでは、ブログのアクセス数が少ないのは表面的な問題であって、本質的な問題はお料理教室のカリキュラムや料金設定であったり、ターゲティングの設定、プロモーションのツール・媒体かもしれません。

そうした根本的な問題を解決しない限り、ブログをいくら頑張ったとしても売上に繋がらないのです。

起業前や起業して間もない時期の方にとって、自身のビジネスの本質的な問題点や課題を正しく捉えにくいと思いますが、コンサルタントに相談する前に、まずは現状をよく分析して、何が問題なのかを明らかにすることが大切です。

そして、その問題に合ったコンサルタントを選ぶようにしてみましょう。

総合的なコンサルタントと戦術特化型のコンサルタントを分けて利用しよう

コンサルタントになるには資格が要らないため、世の中には様々なコンサルタントがいます。

ビジネスの分野だけに限っても多数のコンサルタントがいますが、大企業のグローバルな課題に対応する人もいれば、小規模の企業や個人事業主、フリーランスに対応する人など対応規模もまちまちです。

小さい起業をしている女性の相談に対応してくれるコンサルタントだけに絞ってみても、大きく分けて「経営」や「起業」「マーケティング」といった総合的なコンサルタントと、「ブログ」、「ホームページ」、「Facebook」、「ブランディング」といった戦術に特化したコンサルタントがいます。

総合的なコンサルタント(経営コンサルタントや起業コンサルタント)は、経営全般に対してのアドバイスが可能ですが、個別具体的な課題に対しては対応できない場合もあります。

一方の戦術に特化したコンサルタントの場合、一つの分野に特化していますので、その分野が課題である時には非常に有益なアドバイスや指導を受けられるでしょう。しかし専門分野以外の課題には対応ができません。

例えば、税金の相談をしたいのであれば税の専門家である税理士さんに相談しますよね。税理士さんにブログの書き方の相談をしても、適切な指導が受けられません。(まれにブログにも詳しい税理士さんがいますが…)

『餅は餅屋』という言葉があるように、正しい人に相談しないと正しく問題が解決できないのは当然です。

「インスタの活用」とか「チラシの作成」といった特定の戦術に課題があれば、それに特化したコンサルタントに相談しましょう。

また、「本当の問題点がこれなのか分からない」という場合や、「問題点が多岐に渡っている」「たくさんある」という場合は、一つの分野・戦略に特化したコンサルタントよりも総合的なコンサルタントに相談するとよいでしょう。

そして、起業して間もない場合や、起業前の人は、個別の戦術のコンサルタントに相談するよりも、経営・マーケティング・会計など全体的なビジネスの組み立てに関与できる総合的なコンサルタントに相談する方が良いでしょう。

ビジネスの基礎をきちんと組み立てたあと、個別具体的な課題に対応していくほうがバランスの良い経営が出来るからです。

コンサルタントを選ぶ時にチェックするポイント

様々なコンサルタントのなかからあなたに合ったコンサルタントはどうやって選んだらよいのでしょうか?

  • 考え方に共感ができる
  • 実績に納得できる
  • 自分の目的に合っている

この3つがポイントです。

考え方に共感ができる

コンサルを受けるのであれば、あなたが素直に学びを受け入れることができる人から教わるほうが良いでしょう。

有名人であったり、フォロワーが何万人もいる人気の人や、何億円も稼いでいる実績がある人であっても、その人の考え方に共感ができなければ、アドバイスをもらっても納得して行動できません

例えば、

  • ガツガツ働いてバンバン儲けるタイプ
  • ワークライフバランスを大切にしながら自分のペースで稼ぐタイプ

と二人のコンサルタントがいたら、どちらに教わりたいですか?
これは、どちらが良いか・悪いか、ということではなく、好みや価値観の違いなのです。

価値観の合わない人、相性の合わない人、考え方に共感できない人から教わっても、素直に学べませんので、時間とお金の無駄になってしまいます。

世の中には様々なコンサルタントがいますから、あなたの価値観に近い方も必ずいるはずです。

ホームページには理念や方針などが書いてあるでしょうし、ブログやFacebookなどのSNSでの発信している内容を見て、「この人の考え方に共感できる」「この人に教わりたい」と思うようであれば連絡を取ってみましょう。

もし、そのコンサルタントがセミナーなどを開催しているようであれば、コンサルティングを受ける前にそのセミナーに参加してみましょう。その方の考え方や教え方を事前に知ることができるはずです。

  

実績に納得できる

コンサルタントの場合、守秘義務があるため、どのようなクライアントがいて、どのような仕事をしたかというのを表立って書いていない場合もあります。

しかし、ブログやホームページ、SNSなどのコンサルタントの場合は、ある程度実績を公表しています。講師業をしている人であれば、セミナーや講演の実績などを公表しているでしょう。

それらの実績を見て納得できる内容かどうかを確認しましょう。

なお、SNSなどでは儲かっている様子や、素敵でキラキラしている生活を演出しているコンサルタントも少なくありませんが、そうしたイメージに惑わされないようにしてくださいね。

イメージの演出の仕方を学びたい場合はそれでも良いですが、そうしたノウハウだけではきちんと稼げるビジネスを作るのは難しいからです。

 

自分の目的に合っている

上でも書いたように、コンサルタントはあなたの抱える問題を解決し、課題に対応して、目標を達成するためのサポートをしてくれる人です。

ただし、「このコンサルに教わったら、すべての悩みを解決してくれるはず」とコンサル頼みではNGです。コンサルタントはアドバイスや知識・ノウハウの提供はしますが、実際に考えて行動に落とし込むのはあなた自身です。

コンサルタントに言われたからやる、という受け身の考えでは、コンサル終了後にひとり立ちはできません。コンサルティングには期限があって、一時的に伴走はしますが、その後は自分で考えて経営をしていかなければなりません。

そこで、大切なのが「目的」です。

  • なんのためにコンサルを受けるのか
  • コンサルを受けてどのようになりたいのか
  • そもそも、あなたはなぜそのビジネスをするのか

こうした事が明確でない場合は、まだコンサルを受ける時期では無いのかもしれません。

そういう時期は、コンサルティングを受ける前に、セミナーなどに参加して経営やビジネスについての知識を深めてみるのも良いでしょう。そうして学びを続けるなかから、コンサルを受ける目的・意義が見つかるかもしれません。

 

まとめ

どんなコンサルタントに教わろうと、学ぶべき点は必ずあるはずです。

実際に会ったら相性が悪かったとしても、知識が豊富でノウハウが素晴らしければ、それを取り入れたら良いでしょうし、参考にならない部分があったとしても、それを反面教師にして自分のビジネスで反映させたらよいのです。

また、頭でっかちになって、やらない理由ばかりを挙げるのではなく、とにかくまずは素直にアドバイスを受け入れて実践してみましょう。

何度も言いますが、コンサルタントはあなたのビジネスの成長・成功をサポートしてくれますが、実際に行動するのはあなた自身です。

コンサルティングの持っているスキルやノウハウを全て盗んで活用してやる!くらいの勢いで学んで実践して、相談してみてください。

こちらでもコンサルティングのメニューを用意していますのでご興味ある方はご覧ください。

  

  

     

タイトルとURLをコピーしました