自分ひとりで大丈夫?女性がひとりで起業するメリットとデメリット

起業前に確認したいこと
この記事は約6分で読めます。

起業しようと思った時に、ひとりだと心細いと感じる人も多いのではないでしょうか。

多くの人にとって起業は初めてのこと。分からないことがたくさんあるし、ひとりきりでは不安だから誰かが一緒に事業をやってくれたら心強いと思う気持ちも分かります。

そこで今回は、自分ひとりで起業するか、それとも誰かと一緒に組んで始めるかを悩んでいる女性に向けて、ひとり起業のメリットとデメリットをご紹介します。

ひとりで起業するメリットとは

ひとりで起業したら自分の好きなスタイルで仕事ができます

起業する時に自分ひとりでやるメリットは
・自分ですべて自由にできること
・意思決定が速いこと
・報酬が増えること

・わずらわしい人間関係が無いこと
などがあります。

以下にそれぞれについて詳しく解説します。

自分ですべて自由にできる

もし他の誰かと一緒に起業したのなら、事業を進めて行く時に、その人のやり方や考え方を尊重したり、相談して進めていかなければなりません。

しかし、ひとりで起業したのであれば、自分のやりたい方法でやりたいように事業ができます。

仕事のやり方だけでなく、働く時間やどこで働くか、いつ・どのくらい休むか、働くペースなども自分で決めてその通りにすることができます。

自分が社長・トップですから、自分の思い通りに、自分の好きなようにできることがひとり起業の最大のメリットと言えるでしょう。

意思決定が速い

何かを決める時に、複数人で決めるとなると、説明や検討、意見交換などをすることで意思決定をするまで時間がかかりますが、ひとり起業であれば、自分ひとりで考えて結論を出すので、素早く決めることができます。

例えば商談の場で良い企画や提案があった時でも「一旦持ち帰って検討してからお返事します」とするよりも、すぐに「やります」とか「止めます」などと決められるほうが仕事がスムーズに進みます。

また、打ち合わせやミーティングへの参加、取引先への訪問なども、複数人となるとスケジュールの調整などに時間や手間がかかりますが、ひとり起業の方であれば調整もすぐできるうえ、フットワークが軽く、すぐに対応ができます。

報酬が増える

ひとりで起業したのであれば、利益を配分する時に自分で独り占めができますが、複数人での起業であれば、利益配分も人数に応じて少なくなってしまいます。

そして、二人で経営すれば二人分の経費がかかりますし、二人分の報酬を得られるようにするためには、それなりの売り上げを上げなければなりません。

一方、ひとり起業であれば一人分の収益が確保できたらいいので、小さい規模でのスタートが可能です。

わずらわしい人間関係が無い

どんなに仲の良い人間関係であっても、妥協せずに仕事に情熱を持って取り組むとなると、方針や仕事の進め方などにおいて意見が対立することもあるでしょう。

意見が対立した時には、相手に対して説明や説得などのエネルギーが必要ですし、時には自分が譲歩することもあるでしょうし、ましてやケンカのような言い合いになってしまうと精神的に疲れてストレスも溜まります。

しかし、ひとりで起業したら、自分ひとりの裁量で決めて行動できますから、そうしたわずらわしい人間関係が無いので気楽です。

ひとりで起業するデメリットとは

ひとりでの起業には様々なデメリットがあります

ひとりで起業したら自分で自由にできるなどのメリットがありますが、どんなデメリットがあるのでしょうか?

ひとりで起業するデメリットは
・心細いこと
・業務のすべてをひとりでやらなければならないこと
・ひとりの能力やスキルには限界があること
・責任はすべて自分で負わなければならないこと

などがあります。

以下に詳しく説明します。

心細い

初めての起業では、何をどうやしたら良いのか、分からないことが多いと思います。そんな時、「誰かに助けて欲しい」、「教えて欲しい」と思っても、自分ひとりで解決しなければなりません。

また仕事でトラブルが起きた時や困った事態に陥った時などに頼れる人、相談できる人がいないのは心細く感じることでしょう。

業務のすべてをひとりでやらなければならない

大きい会社で働いていると営業は営業が、企画は企画が、経理は経理が、人事は人事が、というように業務が分担されています。

規模が小さくなると様々な業務を担当するようになりますが、ひとり起業も一緒です。企画書を書いて、営業活動をして、お客様の相手をして、事務用品や備品は自分で用意して、経理処理などもすべて自分ひとりでやらなければなりません。

営業は得意だけど経理は苦手、などと言ってはいられません。苦手であってもひとり起業では、自分で何もかもやらなければならないのです。

ひとりの能力・スキルに限界がある

ひとりですべての業務をやらなければならないため、事務処理や経理などに時間を取られてしまうと、本来やらなければならない営業活動やお客様対応などが後回しになってしまうこともあるでしょう。

事業規模を大きくしたいと思って、多くの仕事を引き受けたいと思っても、ひとりで出来る仕事量や時間、能力、キャパシティには限界があるため、一定の規模より大きくすることは難しくなります。

例えば飲食店だと、ひとり起業であれば、提供できる料理の数や対応できるお客様の人数はおのずと制限されますし、面積も小さいお店しかできません。

責任はすべて自分で負わなければならない

ひとりでの起業は、自分で自由に決めて自由に行動できる一方で、そこで生じたすべてに対して自分ひとりで責任を負わなければなりません。

例えば、体調が悪くても代わりに仕事をしてくれる人はいませんし、休むこともできません。体調管理も含めて自己責任となるのです。

ひとりでの起業に向いているタイプ

自由に仕事をしたい人はひとり起業をおすすめします

ここまで、ひとりで起業するメリットとデメリットを解説してきましたが、どんな人がひとり起業に向いているのでしょうか?

ひとりでの起業に向いているタイプをご紹介します。

ひとに頼らず自分ひとりで自由に仕事がしたい人

責任感が強く、他の人に頼ったりすることなく、自分ひとりで自由に仕事がしたい人はひとり起業に向いています。

特に周囲からあれこれと指摘を受けたりするが苦手で、わずらわしい人間関係が嫌だという人は、ひとりで起業を目指しましょう。

自分のペースでのんびり事業をやりたい人

家事や子育てなどと両立しながらゆったりした自分のペースで事業を進めたい人はひとりで起業しましょう。

また、副業・サイドビジネスとして事業をしたい人などもひとりで起業したほうが良いでしょう。

小さい規模の事業を身軽にやりたい人

ひとり起業だと事業規模を拡大するのに限界があります。規模を大きくしたりビジネスを広げることを目標にせず、小さい規模のままでいいと思うのであれば、ひとり起業が向いています。

そして、ひとりであれば自分の思い通りに仕事ができますし、フットワークも軽く行動することができます。

まとめ

ひとりで起業するのは心細く、経営に関わるすべての業務を自分でこなさなければならないため多忙ですし、全ての責任を自分ひとりで背負わなければなりません。

そうしたデメリットがある反面、ひとりで起業したらあなたのやり方や働き方に文句をいう人はいませんから、やりたいように自分で自由に、好きに仕事ができます。

また、ひとりでの起業の場合、使える時間や能力、受けられる仕事のキャパシティに限界があるため、ある一定の規模までしか大きくできません。

規模の拡大を追い求めずに、のんびりと自分のペースで仕事がしたいと考えている女性であれば、ひとり起業に向いているでしょう。

なお、ひとり起業であっても、事務や経理などをアウトソーシングして本業に集中して、ビジネスパートナーと協力しながら大きな仕事をすることもある程度は可能です。

ひとり起業のメリットとデメリットをよく検討しつつ、自分の性格や能力を踏まえて、ひとりで起業するか、誰かと一緒にやるのかを決断してみてください。

タイトルとURLをコピーしました