ちば起業家交流会の主催者会議を行いました

実行委員会メンバーとして担当している『ちば起業家応援事業』。

事業では色々な施策を行っていますが、県内10カ所で開催する「ちば起業家交流会」について、1開催地の方が集まった主催者会議を昨日県庁で実施しました。

今年で3年目となる「ちば起業家応援事業」。

ホップ、ステップ、ジャンプではありませんが、3年目ということで、昨年まで積み上げてきたものに、さらに起業家のためになること、起業家支援に繋がる内容へと様々な部分でブラッシュアップを行っています。

交流会についても、これまでパターンが決まっていたものを、各地域の特性や要望に応じてプログラムを変えて実施するように企画を進めています。

例えば、昨年までは講師による勉強会を統一で実施していましたが、今年は地域のロールモデルとなる起業家を招いて講演をしてもらう地域もあれば、市長とパネルディスカッションをする地域もあり、リーダーとなる経営者がリレートークをする地域もある、といった感じです。

そして、昨日行われた主催者会議も今年から新たに始めたことの一つ。

10か所の開催地が横のつながりを持ちつつ、集大成となる幕張メッセでの起業家イベントに向けて、一丸となって起業家支援事業を行っていこうとする想いを共有するための会議でした。

8月からビジネスプランコンペティションの応募受付も開始しますし、交流会もスタートし、いよいよ本格始動、という感じ。

今年もたくさんの千葉の熱い想いを持つ起業家に出会えることを楽しみにしています!